読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラディウス400 ときどき TZR250SPR

3XVオーナーズクラブ&TZRオーナーズクラブ管理人のグダグダな日々

異常無しのか・・・残念!

7年前より季節の変わり目に突然、低体温になり、体がだるい、寒い、フラフラするといった症状がでる。
8年前に酷いアトピーだったのを克服するため脱ステを始めたが、アトピーがほぼ治りかけた時期から出始めた症状である。
ひどいと体温は34.0℃ぐらいまで低下し、血圧は85-50程度になる。この7年で何度も医者には行ったが、医者に言われる言葉は「熱、血圧を下げる薬はあるが、逆はないので安静にしててくれ。」という一言である。
まあ、安静にしてれば2~5日で治るのだが、今年は2月に発症して以来、治らない。
体温は最低で33.4℃まで下がった。寒いと気軽に34度台まで体温は下落する。
今回変なのは、低体温から体温が回復し出すと平熱で止まらず37.5℃程度まで上昇するってことだな。
本格的に調べているが大学病院でも原因はわからず、会社の産業医にも助言を求めながら色々調べている。
大学病院でも調べたが、やはりホルモンの異常ではなかろうかとい産業医の助言があり、別の内分泌専門医に見てもらった。
内分泌科医曰く「リーマスの長期投与は甲状腺に悪影響を与える。低体温、だるい、寒いは甲状腺異常の典型的な症状」とのことだった。ついに原因判明か!と期待していた。
が、血液検査の結果、「残念ながら異常なしです。」とのことだった。
ホルモン関係一式を調査してもらったのだが、全部問題なし。
医者は本命:甲状腺、対抗:副腎と考えてたみたい。
おいらは同じ考えでいた。
というのは、おいらの親父が橋本病(甲状腺の病気)で、おいらが辛い時、親父も辛いと言っていたのが1点。
ステロイド=副腎皮質ホルモンなので、脱ステの影響で副腎を疑っていた。

原因がわからないため治療方法も見つからず、この6ヶ月の間、ひたすらしんどいのを我慢するだけの生活だったので、結構ショックだったorz。
甲状腺異常なら薬を飲めば1ヶ月程度で治るのを知ってたので、甲状腺異常であってくれと願ってたのだが・・・
ダメモトで内分泌科医に今後、どうすれば良いか聞いてみた。
ホルモンが正常となると自律神経系がおかしいということになるんだが、自律神経というやつは何十年も研究されてるが、未だ有効な薬がないんだよね・・・と言われてしまった。
また、振り出しに戻ったよ。